遊びたい人だけの相手を見分ける方法

MENU

労力も時間も惜しむ相手には気を付ける

ネット婚活

 

ネット婚活は必ずしも真剣に参加している男性ばかりではありません。

 

ネット婚活の出会いやすさを利用して遊び目的で参加する人がいるのも実情です。

 

そのような相手につかまらないためには、まずプロセスを急ぎすぎる相手には注意が必要と言えます。

 

結婚に対して真剣になっている人の場合ですと、そのチャンスを生かしたいと思う気持ちも強く、むやみに急ぐこともありません。そして男性は言葉よりも行動や態度で愛情を示そうとする傾向があり、真剣に考えている人は時間も労力も女性にかけて愛情を見せてくれます。

 

ところが体目的の人の場合はとにかく関係を持ちたいという意識が強いですから言葉だけで巧にその気にさせようとしてきたり、労力も時間もかけずにアプローチをしてきます。エッチをするための最短距離を取ろうとしてきますので、深い関係を急ぐ人にはガードを固くした方が良いでしょう。

本当の素性を明かしてくれない人に要注意

ネット婚活で出会い、そして結婚に至るためには当然のことながらお互いのことをそれなりに理解し合わなければいけません。そのため仕事や住んでいるところ、家族のことなど、素性を明かすのが基本的なプロセスと言えます。

 

しかしながら遊びでネット婚活をしている人の場合は結婚が最終目的ではなく身体が目的ですので、自分自身のことを必要以上に知られたくないという気持ちがあります。

 

中には用が済んだらさっさと別れてしまおうと考えている人もいますので、そういった人からすれば後で面倒にならないためにも素性を隠しておきたいというのが本音なのです。

 

それゆえにあまり仕事のことや住んでいるところなどの情報は教えてくれなかったり、時には嘘の情報を教えてくることもありますので、情報を隠そうとするような相手なら気を付けた方が良いと言えます。

お金を出してくれない

ネット婚活でよくいる遊び目的の男性にお金を出してくれない特徴もあります。

 

基本的に遊びたいと思っているだけの男性はお金を出したくないと思っていますので、例えばデートをした時にも渋るような場合は危険サインの可能性があるのです。

 

「給料日前だから」、「次はごちそうをする」などの言い訳でごまかそうとしてくることもありますから、お金を出してくれない傾向がある男性には要注意です。

 

しかしながらネット婚活はいろいろな人が利用しており、時には本当にお金の都合が良くないこともあるかもしれませんので、一度くらいそういったことがあったからといってすぐに見切りをつけてしまうのも良くありません。

 

3回くらいはデートをしてみてそこから判断した方が良いですし、もし全然出してくれる様子がないようなら高い確率で身体目的の男性と言えます。