ネット婚活の初心者がやりがちな失敗

MENU

ネット婚活のプロフィール写真に関して

ネット婚活

 

ネット婚活において、初心者の方が失敗してしまうことの第一に、写真の虚偽があります。

 

かなり失敗してしまう初心者の方の傾向としては、これは最早、時代の流れによるもの、としか言えないのですが、スマートフォンの高性能の機能を使って、まるで別人のように写真を掲載される方もおられます。

 

または、これは男性でも、敢えてフォトショなどを使い、まるで芸能人のような写真を掲載されている方もおられます。

 

ネット婚活において、もちろん、写真というものはとても大切なものですが、あまりにもこのような実際の方の容姿と掲載されている写真とが別人である場合には、会った段階で、すぐに食事もせずに去る、という人もおられます。

 

これは、相手の方が悪く、ネット婚活の初心者の方が悪い、ということはありませんが、そこまで容姿にこだわっている人にとっては、騙された、として悪評をばらまく悪質なケースも実際にあります。

ネット婚活において嘘のプロフィールはダメ

ネット婚活では、どうしても自分を良く見せたいために、少しでも都合の良いことを書きたい、という人間の欲求が出てしまう人がいます。

 

これは、真面目な人はこのようなことはありませんが、「どうしても素敵な人と結婚したい」「少しでも若い子と付き合いたい」という考え方の場合、人間の性の一部として、虚偽に近いプロフィールを書いてしまう人がおられるのですが、このことは、実際に付き合う、という段階になった時に相手の方にとんでもないショックを与えてしまいます。

 

また、それと同時に、せっかく付き合えるということになったとしても、「裏切られた」という気持ちから、急速にイメージダウンにつながることは免れません。

 

例えば、「本当は仕事は別の仕事であるのに、あたかもステータスの高い仕事をしている」などのプロフィールは、女性側にとてもショックを与えてしまいます。

 

また、これは女性自身も同様に、年齢に虚偽などを行うことは、男性にショックを与えてしまいます。

ありのままの自分を出す方が成功する

人間は、誰しも多少の見栄をはりたい生き物である、とされています。

 

特に結婚などの場合には、少しでもいい人と結婚したいという気持ちが強くなる傾向がある、とされています。

 

そのため、プロフィール欄など、または写真などに、かなり良いことばかりを並べたてた文章、また虚偽のものを記載してしまう場合があります。
しかし、これは結果としては、最終的にうまくいきません。

 

なぜならば、相手は「プロフィール」に記載されているその人を見ているのであり、本当のありのままの人を見ていない、見ることが出来ないからです。

 

そのため、あまりにも気張らずに、そのままのありのままの趣味や、ありのままの仕事、年齢、職業などを記載した方がうまくいきます。
これは、別の意味で心理学的にも良い方法とされています。

 

「イメージと違った」という点が、良い方向に動けば、恋愛は早い速度で成功する、という一面を持っていることが実験的にも証明されているからです。